コロナウィルス

コロナウィルスの解熱にイブプロフェンはダメ!服用するならタイレノールがおススメな理由

 

世界中で猛威を振るうコロナウィルスですが、解熱剤としては一般的なイブプロフェンを服用すると、逆に症状が悪化してしまうという報告がありました。

情報元は以下のニュースです。

フランスの厚生大臣オリヴィエ・ヴェラン氏が、コロナウイルスに関して、イブプロフェンを服用しないほうがよいと推奨した。

イブプロフェンとは、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)に属する。これは、炎症や痛みなどを抑え、熱を下げるために使われるものだ。しかしこの薬は、既にかかっている感染症を悪化させ、合併症を伴わせる可能性があるのだという。(筆者注:イブプロフェンは市販の薬に使われている)

厚生大臣は、自身のツイッターで、「コロナウイルス:感染者が(イブプロフェンやコルチゾンなどの)抗炎症薬を服用することは、感染を悪化させる要因になる可能性があります。発熱がある場合は、パラセタモール(別名:アセトアミノフェン)を服用してください」「すでに抗炎症薬を服用している場合、または疑わしい場合は、あなたの医師に助言を求めてください」とメッセージを送った。

https://news.yahoo.co.jp/byline/saorii/20200315-00167830/

ここでコロナウィルス感染者向けの解熱剤として推奨されているのが『アセトアミノフェン』です。

実際、日本でもコロナウィルスに感染した患者にはカロナールという解熱剤が使われいるそうですが、このカロナールの主成分が『アセトアミノフェン』なのです。

市販薬でもこの『アセトアミノフェン』を主成分とした解熱剤があり、『タイレノールA』という商品名で売られています。

『タイレノールA』は胃の負担が優しく、眠くならない痛み止めというのが特徴ですが、その反面、効き目が弱いという評判もよく聞きます。

また、『タイレノールA』はインフルエンザの際にも使える解熱剤としてわりと知られていましたが、今回のコロナウィルスもインフルエンザと同様ということなのでしょうね。

今後、医者に患者があふれて、自宅で治療を迫られる状態になる予感もしますし、解熱剤や痛み止めは、何かと役に立つときも多いので、とりあえず、買っておこうかなと思い、近場のドラッグストアを巡ってみましたが、どこも取り扱いなし。

効き目が弱いという評判が先行してしまっているのかもしれませんね、、ならば、ネット通販で、、、と思ったのですが、Amazonはすでに品切れ。みんな動きが早い・・ 転売屋の仕業なのか???

【第2類医薬品】タイレノールA 20錠

【第2類医薬品】タイレノールA 20錠

1,177円(08/06 01:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

ということで、前回のアルコール手指消毒ジェルに続き、今回もオオサカ堂です(笑)

在庫がありました↓

タイレノール(Tylenol)500mg

日本で『タイレノールA』買うと20錠で1,000円しますが、オオサカ堂なら100錠買っても、たったの1,600円。安いっ!!

送料込みでこの価格は驚きです。あらためて、日本の薬、特に市販薬は高いなと感じますね。

コロナウィルスは全世界で蔓延し始めており、医療崩壊して多くの人が自宅療養を強いられている国も増えています。世界的に『アセトアミノフェン』の需要が高まれば、オオサカ堂でも『タイレノールA』が買えなくなるのも時間の問題だとは思っています。

コロナウィルスの感染が不安な方はとりあえず常備しておくことをおすすめします。以下のリンクから購入できます。我が家も早速100錠を注文してみました。

コチラ → タイレノール(Tylenol)500mg

【後日追記】友人に頼まれて注文しようとしたのですが、オオサカ堂のタイレノールも全て完売になってますね。日本も一部の都市では医療崩壊が始まりつつあるようですし。とりあえず友人には50錠を譲り、『入荷連絡希望』を申し込んでおきました。

余談ですが、オリーブオイルにはイブプロフェンの鎮痛作用に類似した働きをもつ化合物が含まれているそうで、イタリヤやスペインといった国々でコロナウィルスによる死者が増えているのは、オリーブオイルが原因じゃないかという噂も、、、本当かどうかはわかりませんが、感染した場合は、オリーブオイルはやめておいた方が無難そうです。

よく読まれている記事

-コロナウィルス

Copyright© がちゃのーと。 , 2020 All Rights Reserved.