コロナウィルス

コロナ感染予防&重症化対策のためのサプリと薬を準備した。

こんにちは。

コロナ感染拡大が止まりませんね(><)。大阪をはじめとする一部の地域では医療崩壊が始まっていて、感染が確認できても医者どころかホテル療養するさせてもらえず、自宅療養を強いられている人が多数いる状況のようです。

自宅療養でもコロナ治療薬でも処方してくれれば良いですが、何一つしてくれず、自分で購入した解熱剤を服用して、自己治癒力で回復を待つだけとなっている方が多数おられるようです。

正直、日本政府や厚生労働省は頼りないというか、全く信用できないので、自分の命、家族の命は自らが守らないといけないと思い、感染予防、そして、いざ感染した場合に重症化を防ぐための治療薬を手に入れることにした次第です。

余談になりますが、政府が頼みの綱としているワクチンも、すでに接種後の死者が基礎疾患のない人を含めて19人も発生している状況です。 原因は定かではありませんが、当面、ワクチンは打つ気はありません。

■持病ない46歳男性、ワクチン接種翌日に大動脈解離で死亡
https://www.yomiuri.co.jp/medical/20210430-OYT1T50176/

特に、mRNAワクチンは振動に非常に弱く冷凍保存が必要とされているにも関わらず、日本では冷蔵状態での輸送も許可されているうえ、一部自治体ではバイク便で運搬しているようなので、他国に比べてアナフィラキシーを発症する人や死亡者が多いのは、mRNAワクチンの品質が劣化しているからではないかと個人的に思っていたりします。

政府はバイク便を使わないよう自治体に追加要望を出しているようですが、冷蔵運搬を許可しているのであれば、バイク便も自動車も大差ない気もしますし、自治体にトラックで搬送後、キャスター台車に載せてガタガタとめっちゃ振動させて運んでるところや、ワクチンをもって振ってる映像が報道されていたのを見てダメだこりゃと思いました・・

スポンサーリンク

コロナ予防薬と治療薬について、色々と調べた結果、入手性や実績情報などを考慮すると、

ビタミンD、亜鉛、イベルメクチン、ファモチジン、カモスタット

あたりが定番のようです。

できればアビガンあたりが欲しかったところですが、さすがに手に入りませんでした。

このあたりのエビデンスとなる情報は後日、まとめたいと思います。

これらのサプリや薬のコロナウィルスへの効果といったことについては、賛否両論あるのは承知していますが、体に害のないレベルであれば、飲まないより飲んだ方がマシと考えました。

自宅療養を強いられ、医者の言うとおりに解熱剤だけの服用で結局、重症化して手遅れになるぐらいなら、多少の副作用ぐらいどうということはありません。

スポンサーリンク

ビタミンDと亜鉛

どちらも一般的なサプリですね。予防として毎日摂取します。

サプリメントであれば、高品質な海外サプリを格安で手に入れられるiHerbがおすすめでしょう。海外通販ですが、Amazonや楽天と同じように簡単に購入ができて、商品もたいていは数日で届きます。

スポンサーリンク

イベルメクチン、ファモチジン

いずれもオオサカ堂で購入できます。予防としても使っている方もいますが、常用すると副作用の懸念もあるので、私は感染初期の際に飲む予定です。

イベルメクチンの飲み方としては、200mcg/kg/日(12mgを超えない)1日1回、3~5日間が推奨されているようで、我が家もこれに従って処方予定。

ファモチジンは胃痛薬として有名なガスター10のジェネリック薬で、コロナ治療のための特別な飲み方は見つけられなかったので、通常の胃痛薬としての服用方法、10mgを1日2回朝食後と夕食後、もしくは1回1錠(20mg)を1日1回就寝前に服用で良いかなと思っています。

こちら世界的に品薄になっているようです。オオサカ堂でも入荷と品切れを繰り返しているので、もし品切れ場合でも、入荷連絡を設定しておくことをオススメします。

イベルメクチンはストロメクトールのジェネリック薬になり、先行薬のストロメクトールもオオサカ堂で取り扱ってはいますが、長らく在庫切れなうえ、価格も非常に高いので、ジェネリックのイベルメクチン(イベルメクトール)で良いと思います。

我が家はイベルメクチンですら、先日ようやく手に入ったところです。商品の到着まで注文からおよそ1か月程度かかるので注意してください。

医者によってはコロナ陽性者に対してイベルメクチンを処方してくださるところもあるようなので、すでに感染されている方についてはそういったお医者様を訪ねる方が早いでしょう。ネットで調べると、以下の医院でイベルメクチンを処方してくるようです。

長尾クリニック(兵庫)
池袋メトロポリタンクリニック(東京)
中目黒消化器クリニック(東京)
オノダクリニック(大阪)

ちなみに、イベルメクチンは後遺症の回復にも効果があるようで、イベルメクチンの国内治験を行う北里大学の花木秀明が、「イベルメクチン12mgを週に2回、3ヶ月服用し、後遺症が治った人がたくさんいる」ともおっしゃってたようです。(情報元)

ファモチジン20mg (Famotidine)

スポンサーリンク

カモスタット

カモスタット(商品名:フオイパン)です。こちらも予防薬として使えますが、毎食後に2錠づつ飲む必要があるため、毎月6,600円程度の費用がかかります。さすがに費用的に厳しいので、我が家は感染時にのみ飲む予定です。

通販サイトで購入するのは困難ですが、一部の医療機関では、オンライン診療を受診することで処方してもらうことが可能です。

我が家もオンライン診療を受診して手に入れることができました。予防薬としての処方も可能です。私は初めてのオンライン診療でしたが、ほんの2~3分で済みましたので簡単です。

以下、オンライン診療でカモスタットを手に入れられるお医者様のリストです。

銀座まいにちクリニック

吉祥寺まいにちクリニック

スポンサーリンク

解熱剤

解熱剤については、以前に記事で書きましたが、一般的なイブプロフェンを服用すると、逆に症状が悪化してしまうという報告がありますので『アセトアミノフェン』を主成分とした解熱剤『タイレノールA』を入手済です。

Amazonであればこちら↓

安く大量に手に入れるならオオサカ堂です↓

タイレノール(Tylenol)500mg

100錠買で1,600円という破格の安さです。

スポンサーリンク

情報いろいろ【整理予定】

 

以前からカモスタットのインフルエンザへの適応を訴えていた内田医師は、3月10日頃から、新型コロナウイルス感染が疑われる患者に処方するようになった。

 40度以上の高熱が4~5日間続き、呼吸障害も起こして苦しんでいたのに、保健所からは検査が許されず、診断がつかなかった20代前半の女性患者に処方したところ、熱が低下し、元気になったことでその効果を実感した。

 発売からの35年間で、カモスタットの主な副作用として報告されているのは、かゆみ、発疹、吐き気、腹部不快感、腹部膨満感、下痢などだが、すでに200件を超えている今回の投与では、重篤な例は報告されていないという。

引用元:https://diamond.jp/articles/-/235053?page=2

 

A.新型コロナウイルスの治療薬は、まだ処方できるものがないため、対症療法となります。当院で検査をされた方は、以下の処方を行っていますので、体調の変化があった場合は、ご連絡をお願いします。

■発熱・頭痛・全身倦怠感:アセトアミノフェン(カロナール)

■咽頭痛:トラネキサム酸(トランサミン)

■咳:デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物(メジコン)、麦門冬湯など

■食欲不振:ガスター10

■漢方薬:補中益気湯、葛根湯

■高齢者、ハイリスク者:カモスタット(フォイパン)

■呼吸苦:酸素飽和度が93%以下で重症型となるため、95%以下であれば、早めに当院または保健所に連絡をして下さい。

内服例1:微熱と咳がある場合

カロナール+葛根湯、メジコンまたは麦門冬湯、補中益気湯

内服例2:微熱のみ

カロナール+葛根湯+補中益気湯

内服例3:糖尿病あり、発熱、全身倦怠感がある場合

カロナール+葛根湯+補中益気湯+フォイパン

※カロナールは、タイレノールA(武田CH)やイブプロフェンを含まない、パブロンゴールドA(大正製薬)、エスタックゴールド(エスエス製薬)、新ルルA(第一三共)で代用可能です。

引用元:https://sugiharaclinic.com/%E3%82%88%E3%81%8F%E3%81%82%E3%82%8B%E8%B3%AA%E5%95%8F

 

【当院の治療方針】 COVID-19に罹患された場合、下記の順に内服治療を行います。

オセルタミビル(タミフルⓇ)

ファモチジン(ガスターDⓇ)

カモスタット(フオイパンⓇ)

肺炎で呼吸器症状が悪化し酸素投与が必要な場合、ステロイド「デキサメタゾン」が有効ですが外来治療は難しいため、悪化をしっかりと予防しましょう。

引用元:https://www.jinnaika.com/archives/3711

イベルメクチンはコロナ治療に有効か無効か 世界的論争の決着に日本は率先して取り組め

 

にゃんころげさんの解析結果を整理してみるとこんな感じ↓ノベルジン錠は亜鉛サプリで良いかな。モンテルカスト錠以外は準備OK。

 

・モンテルカスト錠10mg 1錠
 1日1回14日分 就寝前に服用

・イベルメクチン 4錠(たぶん3mg×4で12mg)
 1日分 1回4錠を食前に水で服用

・ノベルジン錠25mg 1錠
 1日2回14日分 夕食前

・ビオフェルミンR錠 1錠
 1日3回7日分 毎食後

・カモスタットメシル酸塩錠100mg 2錠
 1日3回14日分 毎食後

・カロナール錠300 300mg 1錠
 20回分(38.5度以上の発熱時・痛みが強い時 8時間以上あける)

・ファモチジン錠10mg 1錠
 1日2回14日分 朝・夕食後

 

よく読まれている記事

-コロナウィルス

© 2021 がちゃのーと。