コロナウィルス

手ピカジェルの代わりにウイルス消毒用ハンドジェルを個人輸入

コロナウィルスの感染予防に、使い捨てマスクだけは何とか1箱手に入れたのですが、手を消毒するための手ピカジェルが一向に手に入る気配がありません。

そこで、例によって困ったときのオオサカ堂ということで、手ピカジェルの代わりに海外製のアルコール消毒ジェルを購入することにしました。

その名も『オパシーアンチバクテリアルハンドジェル』。小さなお子様も使用可能な細菌・ウイルス消毒用ハンドジェルです。商品名のOPACY(オパシー)は会社名です。OPACY社の商品としては洗顔せっけんが有名のようですね。楽天などでも販売されています。

こちらの消毒ジェル、使い方は手ピカジェルと同じですが、しいて言えば、保湿作用のあるオーストラリア産ティーツリーオイルが配合されているのがポイントですかね。あとは値段です。

値段は本数によるのですが、270ml品は12本まとめ買いで、一本当たり689円です。手ピカジェルは近所だと300mlのタイプが900円ぐらいするので、かなり安いですね。急速に円高傾向になっていますから、まだまだ安くなるかも。

家族で一人1本、職場にも1本、コロナウィルスが終息までに数カ月かかると考えれば、12本ぐらいまとめ買いしておいても大丈夫そうです。友人や同僚と合わせ買いするのでもいいでしょうね。

ただね、残念ながら現在売り切れ中なんです・・。みんな動きが早いですね、完全に出遅れました。まさかオオサカ堂で消毒ジェルまで売ってるとは思っていませんでしたしね。

一応、次は3月12日に入荷予定とかいてあるので、『入荷連絡を希望』をクリックしておきました。殺到しそうですが、買えるといいなぁ。

いつの間にか入荷していた!

3/12になっても入荷メールが届かないので、念のため、ホームページみたら普通に在庫ありになってた。オイ (^^;

納期が1週間から10日ほどとあったので、とりあえず、大きい方を6本だけ買うことにしました。もしかしたら、トイレットペーパーのように、すぐにドラッグストアで手ピカジェルが入荷するかもしれませんしね。

夕方時点でまだ在庫があったので、欲しい方はお早めに。

こちらです➡『オパシーアンチバクテリアルハンドジェル

あと、オオサカ堂を利用するのが初めての方がいるかと思いますが、現在は銀行振込でのみしか対応してませんのでご注意ください。

注文方法もちょっと変わっていて、何度か質問を受けたので、一応、再掲しておきます。

Step1. 会員登録(すでに済ませてあれば不要)

Step2. 商品を選んで注文する

Step3. オオサカ堂から注文確認のメール(自動返信メール)が届く

Step4. オオサカ堂から正式受注確認書/お振込みの案内メールが届く

Step5. 銀行振り込みを行う

Step6. 商品到着

商品が届いたらまた書きたいと思います。

とか書いてるうちに入荷のお知らせメールが届きました(^^;

 

消毒ジェル届きました!

到着に2週間ほどかかりましたが、無事に届きましたよ!

届くまでにドラッグストアで手ピカジェルが手に入るかなぁとか思っていたのですが、相変わらず手に入らないですね。念のため、オパシーを注文しておいてよかったです。

今回購入したのは大きな270mlのタイプを6本です。隣に手ピカジェル(300ml)を並べてみました。

 

手ピカジェルと大きな違いは粘度です。拡大してみると右の手ピカジェルは水のように見えますが、左のオパシーの方は液中に気泡みたいなのが見えますよね。粘土が高くて気泡が抜けてないことがわかります。

 

オパシーの方を手のひらにワンプッシュした写真です。化粧品風に言うと、かなり重めのテクスチャーという感じですね。

 

粘度が高いといっても、もちろん手をこすり合わせれば、あっという間に乾燥しますから安心してください。

とはいえ、さらさらの手ピカジェルに比べれば、わずかに時間もかかりますし、使い勝手という意味で、ここは好みは分かれるところでしょう。

あと、匂い。ティーツリーオイルが入っているので、爽やかな香りがほのかにします。ティーツリーオイルは殺菌効果があるのも有名ですから、ハンドジェルには最適の組み合わせと思います。

粘度や香りについては好みがわかれるとは思いますが、コスパはとても良いですし、何といっても、手ピカジェルが入手できない期間の代用としては十分すぎると思いました。

よく読まれている記事

-コロナウィルス

© 2020 がちゃのーと。