日々のお役立ち情報からiHerbおすすめサプリまで、備忘録的なメモ代わりに雑多な情報を記録していきます。

がちゃのーと。

iHerb

フッ素配合マウスウォッシュの定番 海外版リステリンは輸入代行会社経由での購入がおすすめ。あまりに安すぎて不安になるレベル。

更新日:

これさえ使えば虫歯にはならないと言われる最強のマウスウォッシュこと『フッ素入りリステリンNo.6(紫)』。知る人ぞ知る虫歯予防の定番商品。我が家でもこの最強のマウスウォッシュを導入して以降、かれこれ1年になりますが、今のところ虫歯発生はゼロです(^^

ご存知の方も多いかと思いますが、このフッ素配合のリステリンは世界各国で販売がされているにもかかわらず、我が国日本では薬事法で厳しく制限されている都合、このリステリンは販売されていません。

より正確に言うと、日本でも『リステリンNo.6』という同じ名前のマウスウォッシュは販売されているのですが、虫歯予防に有効な成分であるフッ素が全く入っていないため、虫歯予防効果はほとんど期待できないのです。商品名は同じでも中身は別物というわけです。

一説には虫歯患者が減ると困ってしまう歯科医業界の陰謀とも言われていますが、昨今、国内の歯科医院の廃業が急増している悲惨な状況からしても信憑性は高そうですね。

【後日追記】2017年3月17日より日本でもフッ素含有量の上限がついに引き上げられまして、国内でも海外と同レベルのフッ素濃度の高い歯磨き粉やマウスウォッシュが入手できるようになりました。

しかし、マウスウォッシュについては要指導医薬品扱いのため薬剤師のいる限られた店舗でしか購入できないうえ、例えばサンスターのエフコートの場合、わずか250mlで1,500円と値段が非常に高いので、以下で紹介する海外版リステリンをオオサカ堂で購入するのが圧倒的にお得です(1ℓで約1,000円)。

スポンサーリンク

google

オオサカ堂でフッ素入りマウスウォッシュを格安個人輸入

我が家ではこれまでこのフッ素入りリステリンをeBayに出品しているイギリスのドラッグストアから個人輸入しておりました。

イギリスを選んだ理由ですが、含有フッ素の濃度が220ppmと高いこと(アメリカはフッ素が入っているが濃度が100ppmと低い)、日本ではわりとメジャーなタイ製と比較してイギリスの方がなんとなく品質が高そうだったことぐらいでしょうか。意外と知られていませんが、リステリンはイギリスが発祥の地なんです。

虫歯予防にフッ素入り歯磨き粉とマウスウォッシュを個人輸入。もう虫歯には絶対ならない!

約8年ぶりに行った歯医者で虫歯がたくさん見つかり大変な目にあっています。昨年11月末から治療を始めたのですが、かれこれ3か月、いまだ治療が終わっていません(泣) 以来『もう虫歯には絶対ならない!』『虫 ...

続きを見る

ただ、イギリスからの輸入は輸送費のコストを考慮すると割安感が乏しいことがわかったため、今回はフッ素入りリステリンを購入する方法としては定番であるオオサカ堂で注文した次第です。このあたりの詳細は上記記事をご覧いただければと思います。

オオサカ堂とは医薬品やサプリメントなどの個人輸入代行の会社です。ここを使うと、楽天やAmazonで注文するのと同じノリで簡単に個人輸入ができるということで昨今人気のようです。

ただ、サプリメント・美容化粧品などはオオサカ堂という代行会社を通すよりも、直接、iHerbで直接購入したほうが断然に安いので、オオサカ堂を利用するのはもっぱらiHerbで取り扱いがない商品を買う場合といった感じでしょうか。

さて、今回注文したのはこちらのトータルケアゼロNo.6の1リットルタイプです。国内のリステリンも同様ですが、ゼロじゃない普通のリステリンは辛すぎて個人的にキツいので、よほど強い刺激を望む方以外はゼロを選ぶことをお勧めします。

香港発送とあるので、香港で販売されているリステリンのようですね。

また、この1リットル品5本セットを注文すると、今なら無料で3本がおまけで付いてくる、つまり、8本セットで約9,300円ということです。為替により多少変動しますが、1本あたりに換算すれば1,163円というのは破格の安さだと思います。

我が家でイギリスから輸入したフッ素入りリステリンは500mlで同程度でしたから、おおよそ半値ということですね。イギリス製より香港製の方が安いイメージはありますが、それにしても安すぎです。

しかもこの無料追加キャンペーン、どうやら結構前からずっとやっているようでして、だったら定価を下げたらいいのにとも思ったりもします・・

さらに驚いたのは送料無料なのに配送にかかる日数が3~5日と早いこと。船便ではなくて航空便で送ってるということなんでしょうかね。でも、香港なら船便でも早いのかな?

とにかく、価格・送料・納期ともに文句ない条件なので、早速、注文をすませました。

ちなみに、本数の少ないセットもありますが、リステリンは毎日使うと意外と消費しますから、断然割安な5本+3本の合計8本セットを買ってしまうことをお勧めします。

リステリンの適量は1回につき20mlとされていますから、朝晩2回使うと1リットルで約25日、つまり一か月で消費してしまう計算なんですね。ただ、私は10~15ml程度しか使っていないので、1リットルあれば1か月半は持つと思います。

 

香港からの直送便が到着

5月28日(日)の早朝に注文し、わずか3日後の5月31日(水)の午前中に届きました。

届いたのがこちら。注文通り、1リットルのフッ素入りリステリンが8本です。一見、買いすぎな印象もありますが、家族みんなで使うので3か月程度で使い切ってしまうでしょう。

ちなみに、宅配便業者はヤマト運輸で、普通の国内の宅急便と同じ感覚で届きました。

後ろにちらっと見える白い箱が梱包箱ですが、さすが日本と距離が近い香港だけあって、箱のダメージもなくとても綺麗です。

イギリスから輸入したものは、ダメージもそれなりにあるうえ、税関で開封までされたりと結構ハードな運路だったようですが、今回はそういったことは一切ありません。

さて、肝心な成分などを確認したいと思います。(クリックで拡大)

まず気づいたのが左下の原産地表記ですが、泰國とありました。最初は香港製かと思いましたが、それは間違いで、香港で販売されているタイ製のリステリンということのようです。

続いてフッ素ですが、ラベルの中央あたりにある『INGREDIENTS』の欄にSodium Fluoride(フッ化ナトリウム)とあるものの肝心の濃度の記述がありません。

オオサカ堂の商品ページや香港のリステリン公式サイトでも確認しましたが、やはり濃度の記載はありません。

フッ素濃度は高すぎれば人体に害がありますし、かといって、濃度が低すぎたら虫歯予防効果がないので濃度表記は重要だと思うんですけどね。

これまで使っていたイギリス版リステリンのラベルがこちら。(クリックで拡大)

Sodium Fluoride(220 ppm F)とありますね。

タイ製のリステリンを扱う他の通販サイトでは220ppmと記載がありますし、ネット上でもオオサカ堂で売られているタイ製のリステリンについては絶賛されていますから、ほぼほぼ220ppmの濃度だと思うのですが、現状確証がありません。(確認しました。後述)

トップ画像のオオサカ堂のバナー広告を見ても、『日本のリステリンとは違う!アメリカのリステリンとも違う!』とあります。日本はフッ素なし、アメリカはフッ素濃度が100ppmと抑え目なので、タイのリステリンはやっぱり220ppmなのかなとも思いますね。

ダメもとで香港のジョンソンエンドジョンソン社にフッ素濃度に関してメールで問い合わせてみました。ただ、今のところ返答はありません。中国語が分からないので英語で聞いたのがまずかったのかな?(^^;

【追記】香港のジョンソンエンドジョンソン社から以下のような返答がありました。フッ素濃度はイギリス版と同じ220ppmで確定です。これで不安材料は消えましたね。

Dear consumer,

Thank you for your enquiry.

Listerine Total Care Zero contains 0.05%(220PPM) of sodium fluoride.

Should there be any enquiries about Johnson's products, please feel free to call our Customer Service hotline at (852) 2628 9775

Best Regards,
JOHNSON & JOHNSON (HK) Ltd.
Consumer Care Centre

 

まとめ

海外のフッ素入りリステリンが欲しいけど、個人輸入は難しそうだし、値段も高そう・・と考えている方は少なくないと思いますが、そんな方々にはオオサカ堂が最適でしょう。

1リットルサイズが約1,100円という圧倒的なコストパフォーマンス、海外輸入なのに3日で届く超スピード配送、安心サポートの国内企業など、少なくとも無料プレゼントキャンペーンが継続する限りは、オオサカ堂で買うのが断然おすすめなのは間違いないです。

ちなみに、日本でフッ素なしのリステリンはAmazonでは1,175円で売られているので、海外から輸入したほうが安いんですよ。つまり、仮にフッ素が目的でないとしても、リステリンが欲しいならオオサカ堂で輸入購入したほうが安いというわけです。

海外との価格差についてはリステリンに限らず様々な商品が該当しますけど、こういうのってメーカーはどう思っているんでしょうね・・
日本の消費者は舐められすぎな気がします(^^;

オオサカ堂のページはコチラからどうぞ。

⇒ フッ素入りリステリンをオオサカ堂で購入する

 

【追記】同じくオオサカ堂で販売されています緑茶タイプのリステリン『リステリンナチュラルグリーンティー』はなんとフッ素含有量が2倍だそうです。但し、歯石の沈着予防に効果がある塩化亜鉛が含油されていません。従って、フッ素の力で歯質を強化することを特に重視される方には緑茶入りリステリンがおすすめですが、歯質強化も歯石予防もどちらもしたいという方にはやはり定番のNo.6が良いかと思います。

 

google

google

-iHerb

Copyright© がちゃのーと。 , 2018 All Rights Reserved.