日々のお役立ち情報からiHerbおすすめサプリまで、備忘録的なメモ代わりに雑多な情報を記録していきます。

がちゃのーと。

その他

急性副鼻腔炎は市販薬では治らない。医者の処方薬をネット購入する方法。もう医者いらずかも。

更新日:

風邪を引いた後、なぜか咳だけがいつまでも止まらない、という症状でお困りの方はいませんか?

もしかするとそれは風邪ではなくて、副鼻腔炎(蓄膿症)を疑った方が良いかもしれません。特に痰が絡む咳の場合はその可能性が高いと思います。

なぜ咳の原因が鼻なのか?と疑問に思う方もいると思いますが、その理由は後半で説明します。

今回は長引く咳の原因や治療法、さらに治療薬をネット通販で簡単に入手する方法などを紹介します。

副鼻腔炎は風邪と誤解されやすい

ここ数年、私は風邪をひくと、しばしば咳が長引く症状となるのですが、この「長引く咳」の原因は風邪ではなくて「副鼻腔炎」と呼ばれる病気によるものです。

副鼻腔炎よりも蓄膿症の方が耳馴染みがあるかもしれませんね。蓄膿症はいわゆる俗名で、副鼻腔炎が慢性化した状態のことで、同じ病気です。

初めて副鼻腔炎になったのはかれこれ8年ほど前ですが、当時は副鼻腔炎の知識がなかったこともあり、普通の風邪の咳だろうと思いこみ、市販の風邪薬を何日も飲み続けていました。

しかし、一向に治る気配がないうえに、咳だけではなく謎の歯茎の痛みなどの不調も出始めてきたため、不安になってネットで調べて副鼻腔炎の可能性を疑い、耳鼻科で診てもらったらビンゴだったというわけです。

副鼻腔炎が原因で咳が出る仕組みですが、副鼻腔に溜まった膿が鼻水と一緒に喉の方に落ち(後鼻漏と呼びます)、喉や気管支を刺激して咳につながるわけです。鼻水が前方向(鼻の穴)に出るか、後ろ方向(喉)に出るかは炎症の起きた場所によりますが、私の場合はいつも後ろなのです。

で、私は意味のない風邪薬を飲み続けた結果、副鼻腔炎を放置することになって重症化させてしまいました。幸い手術こそ不要だったものの、副鼻腔炎の完治まで1年以上も薬を飲み続け、費用も相当かかったことを記憶しています。

ちなみに、副鼻腔の炎症が進みますと、鼻と口の場所が近いせいもあって、私のように歯の根のあたりや歯茎が痛いと錯覚することがあり、人によっては歯医者に行ってしまう方も多いそうです。

また、一度でも副鼻腔炎を患うと再発しやすいそうで、私の場合も、一度副鼻腔炎になって以来、風邪をこじらせるたびに副鼻腔炎を発症するようになってしまいました。(><)

 

副鼻腔炎は市販薬では治せない

副鼻腔炎の主な原因は細菌感染のため、一般的に市販薬で治すことは難しく、耳鼻科で処方される抗生物質を服用する必要があることが知られています。

一応、薬局で販売されている市販薬でも、副鼻腔炎の治療をうたったものが販売はされてます。

例えば、一番有名なのが小林製薬の「チクナイン」ですが、これは辛夷清肺湯という漢方薬を名前を変えて売ってるだけだそうで(^^;

購入者レビューなどをみると、評判はかなり微妙。漢方薬は一般に長期間飲まないと効果がないと言われますから、その程度のものなのかもしれません。

仮に市販薬を長期服用で治せるとしても、決して楽ではない副鼻腔炎の症状を抱えたまま生活することを考えると、お金と時間のかかる市販薬で治すことはおすすめできません。

 

副鼻腔炎の治療

過去に副鼻腔炎になった方はご存知だと思いますが、耳鼻科での副鼻腔炎の治療はだいたい相場が決まっており、こんな感じです↓

1.内視鏡(ファイバースコープ)で患部の確認
2.ネブライザーで薬液噴霧
3.薬を処方

処方される薬がこちらの3種類。

① クラリス錠200
マクロライド系の抗生物質で感染症を治療する薬。

② カルボシステイン錠500(ムコダイン)
痰を出しやすくする薬。

③ アスベリン錠20
咳を沈め、痰を出しやすくする薬。後鼻漏じゃない場合は咳は出ませんから不要です。

ちなみに、症状が重い場合、クラリスではなくジスロマックを使う場合もあるようです。私も一番最初になった時はジスロマックから始めました。

個人差はあると思いますが、私の場合、上の①~③を服用すれば、1~2日で劇的に効果を感じる程に改善します。

つまり、副鼻腔炎を治すには耳鼻科に行って適切に処置するのがベストなのは間違いありません。

ただ、耳鼻科って混んでるんですよね。土曜は2時間待ちはざらですし、かといって有給を簡単に取れないですから平日に行くのもなかなか難しい。

そもそも私の場合は病名も治療方法も分かっており、お医者様による診断・治療は不要ですから、ぶっちゃけ薬さえ処方してくれればいんです。ネブライザーも1回限りでは効果も限定的だから不要かなと。

でも、副鼻腔炎の処方薬は市販売りされてないんですよね。なんとか処方薬と同じものは手に入れる方法はないのでしょうか?

 

 実は通販で買える処方薬

つい最近知ったのですが、副鼻腔炎に使う処方薬が通販で簡単に買えるんですね。

しかも、最強マウスウォッシュこと『リステリントータルケアゼロNo.6(海外版・フッ素配合)』をいつも購入しているオオサカ堂で取り扱っていたんです。もっと早く気づけばよかった・・

値段もさほど高くありませんし、海外発送なので配達に数日かかりますから、いざというときのために一通り常備しておくのが良さそうです。次回のリステリンを追加発注する際にでも合わせ買いをしたいと思います。

オオサカ堂では副鼻腔炎以外にも普通の薬局では手に入らないような処方薬がいろいろ売られています。ただ、残念ながらアスベリン錠の取り扱いはないですが、これは咳止めなので、市販の咳止め役でも問題なさそうです。

・クラリス

<
クラリスロマイシン(製品名:Synclar)250mg をオオサカ堂で購入する

 

・カルボシステイン(ムコダイン)ジェネリック


カルボシステイン(Murhinol)375mg をオオサカ堂で購入する

 

・ジスロマックジェネリック(クラリスより強い効き目)


ジスロマックジェネリック250mg (Azicip) をオオサカ堂で購入する


リステリントータルケアゼロNo.6(海外版・フッ素配合)

google

google

-その他

Copyright© がちゃのーと。 , 2018 All Rights Reserved.